海外で現地採用として就職する具体的方法・道のり【実際の経験を交えてお伝えします】

海外就職

こんにちは。YUKIKOです。

海外就職に興味がある、または真剣に検討しているが周りに海外就職している人いなくて、どのように進めていったら良いかわからない!または、進めているけどこのやり方で良いか不安だなぁ(´;ω;`)
こういった方の疑問、不安に答えます。

この記事を書いている私は、シンガポールで海外就職を経験。現地の日系金融機関に現地採用として4年半勤務しました。
こういった私が解説していきます。

海外就職とは?

まずは海外就職について簡単に説明していきますね。
海外就職は文字通り、日本以外の海外で働くことです。
しかし、海外就職といっても様々な働き方(雇用のされ方)があります。まずは、海外就職の種類について簡単にお話しします。

海外駐在

日本で働いていたが、会社から海外赴任を命じられ海外で働く人の事。日本から海外に派遣されることから、給与も良く、家賃やその他生活費などの海外赴任手当が出ることが多く待遇は手厚い。一方で、海外での赴任期間は決められており、一定期間経つと帰任が命じられる。

現地採用

海外の現地企業に直接雇用される働き方の事。給与や待遇は現地社員と同等の扱いとなり、住む場所や生活費も給与の中でやりくりする必要があり、海外駐在のように手厚い待遇はない。一方で、働く期間は自分で自由に決められ、キャリアアップのために更に現地で転職活動を行う人も少なくない。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデービザを取得できる国に1~3年間住むことができる制度。その期間は語学学校に通ったり、就労する事も可能。しかし、ワーキングホリデービザは対象年齢が18~30歳までと制限があるということや、就職もビザの期間が限られていることから幅広く職を探せないことが多い。

海外就職までの具体的道のり

続いてどのような道のりで海外就職ができるのかを6つのステップで説明します。
尚、私は実際に現地採用としてシンガポールで就職したので、今回の記事では現地採用として働くための具体的道のりをご紹介します!

①簡単に情報収集

今、この記事を読んでくださっている方はすでに情報収集ができている方が多いかと思います。
今はインターネットで様々な情報を得る事ができますが、便利な一方、調べすぎて情報を頭の整理ができなかったり、なかなか前に進めないなんてこともよくあります。

ここでのポイントは海外就職までの大体の流れや必要事項を理解するということです。

海外就職までの大体の流れは、このブログを読んでくだされば理解いただけるかと思います。

一方、細かい必要事項、例えばビザの情報等はネットでも得ることはできますが、確かな情報を得たい場合は海外転職エージェントに相談するのが良いです。
エージェントの社員の方は海外の現地で暮らしている人がほとんどですので生活情報も含め詳しく教えてくれるはずです。
私も調べきれないこと、不安なことがあった場合は、海外転職エージェントの方にどんどん質問しました。尚、エージェントによっては無料のセミナーなども行われていますので、個別で質問するのは少し気が引けるという方はセミナーにまずは参加してみてはいかがでしょうか。

↓JACリクルートメントは海外転職エージェントの一つで、様々な国に支店がありますので情報も得やすいかと思います!私も利用していました。

海外(グローバル)の転職・求人情報
日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港特別行政区、韓国、ベトナム、インド、英国(イギリス)、ドイツ、アメリカで転職支援サービスを提供。各国のJACは密に情報交換を行っているため、日本にいながら現地の最新の海外転職情報を取得することが可能です。

②行きたい国を決める(この時点で一か国に決められなくてOK)

行きたい憧れの国はありますか?すでに国が決まっている人、もしくは悩んでいる人、それぞれいらっしゃるかと思います。
ここでは、国を決める際の考えておくべきポイントを2つお伝えします。

ポイントは、仕事内容とお金です。

まずは、仕事内容から。
もう希望の業種・職種は決まっていますか?やりたい仕事がすでに決まっている人は、仕事が行きたい国にマッチするのか考えましょう。
例えば、銀行で働きたい人は金融業が盛んな国、例えば、アジアならシンガポールや香港、アメリカならニューヨークなど、思いつきますよね!一方で、農業で働きたい人がいたら、シンガポールのような都会でかつ、小さな国、農作物はほとんど輸入しているといった国で働くのは、ナンセンス。求人はなかなか見つかりません。ですので、希望の業種・職種がその国に合うかを検討してみましょう。

続いてお金について。
現地で生活していくためにはお金は考えるべき大切な問題。シンガポールは物価が高い国として有名ですが、特に家賃がとても高く、普通の現地採用の人は一人でアパートを借りる事は難しく、他人とシェアをするのが基本です。(私が住んでいた物件は、3人でシェアしても一人分の家賃は東京で一人暮らしをするのと同じくらいでしたw)
このように国によって物価が全然違います。イコール、給与もその国の物価状況によって異なります。ある程度貯金をしていきたい、または奨学金の返済など、返さなくてはいけないお金がまだあるといった方は日本と似た物価の国が良いでしょう。物価が安い国は生活資金も安く済みますが、給料も日本円でもらうより低くなるため、注意が必要です。

尚、ここで一か国に決められなくてもOKです。私は実際シンガポールに就職することが第一希望でしたが、好きな国の一つであったタイでも求人を見ていました。最終的に、エージェントの方に相談したりしながら、現地情報等を得て自分で納得できる国を選べば良いかと思います!

③Resume、CVを作成する

日本語でいう職務履歴書ですね。英語での作成になりますので慣れていない人は時間をかけて丁寧に行いましょう。

詳しいResume、CVの作成についてはこちらの記事をご覧ください↓

英文履歴書の書き方【初心者向け】
こんにちは。YUKIKOです。 英語で履歴書を作成しなくてはいけないのだけど、初めて書くのでどのように書き進めて良...

④転職エージェントに登録する

さて、Resume、CVの準備が整ったらいよいよ転職エージェントに登録です。
会社によって求人案件が異なるので幅広く検討するためにも、最低でも3社は登録しましょう。
国によってエージェントは違うことが多いですが、大体の国をカバーしているのが先程もお伝えした、JACリクルートメントです。
また、Googleで「〇〇(希望している国) 転職 エージェント」等で検索しても探せると思います。
ちなみに、私はシンガポール転職の際、下記エージェントに登録をしました。

・JAC Recruitment Singapore
・Reeracoren Singapore
・SDS Singapore

登録をすると、エージェントの担当の方と面談し、希望を聞かれたりします。また、登録したときから希望に合わせて仕事を紹介されますので、興味のある仕事に申し込んでいきましょう。

また、この時にResume・CVの添削をしてもらうこともできますので、自信のない方は頼んでみても良いかと思います!

⑤面接

書類審査を通過したら、いよいよ面接です!

面接の方法は、現在はコロナの影響もありオンラインが多いかと思います。
(私の場合、シンガポールで就職を決めていたものの、一度もシンガポールには行ったことがありませんでした。そのため、現地の様子を見ることも含めて有給を使ってシンガポールへ渡航し、直接企業に赴き面接をしたこともありました。)

選考期間については企業によってまちまちです。
私は最終的に就職した会社は合計3回の面接を行ない、1回目の面接から内定までの期間は約1カ月でした。その他、1回の面接で内定をいただいた企業もあります。

中には、なかなか返事をもらえないという会社もあるので、結果が気になる場合は自分でエージェントに問い合わせてみましょう。(不合格の場合、返事が来ないこともよくあるので…)

海外面接の流れや準備について詳しく知りたい方は、こちらを参照してください↓

英語面接で準備すべきこと5つ紹介【英語力に自信のなかった私の体験談も公開します】
この記事では英語面接の対策を5つ詳しく説明します。英語はペラペラとかじゃないし、慣れていないし緊張する…。という方も大丈夫。英語力に自信のなかった私が英語面接を突破し、海外就職した経験談もお伝えします。

⑥内定・VISA発行

面接を突破したら、内定です!
内定し、企業への就職を決定するとVISAの発行をしてもらえます。ようやく海外へ渡航できますね!
おめでとうございます★

まとめ

以上が海外就職までの具体的な道のりです。
色々と説明してきましたので、ポイントのみをまとめてみました。

①簡単に情報収集
・海外就職までの大体の流れや必要事項を理解
・海外転職エージェントから情報を得ることもできる

②行きたい国を決める
・自分にあった仕事内容と給料を考慮して決める

③Resume、CVを作成する
・英語で作成する
・初めて作成する場合は時間がかかるので余裕を持って取り組もう

④転職エージェントに登録する
・最低3社は登録する
・担当者と面談し、希望職に申し込みをしていく

⑤面接
・オンラインで実施されることが多い
・選考期間は企業によって異なる

⑥内定・VISA発行

いかがだったでしょうか。この記事が海外就職を目指されている方の参考になれば幸いです。
YUKIKO

タイトルとURLをコピーしました